なないろ通信

地方祭、楽しみました。

私の地元の松山神社の神輿が復活して今年で四年目。二年目に初めてかき夫として参加しました。昨年は開業準備で不参加。今年も参加したのですが、当日だけの参加です。朝の宮出しが5時半集合、午前中はへとへとでした。かき夫は若い人たちも多く、ついていくのがやっとです。

午後は少し体が慣れましたが、夕方7時に足元が暗くなって、オジサンはとうとう音をあげて、帰宅。おそらく宮入は夜8時を過ぎたのではないでしょうか。(すみません)

参加して思うのですが、地元の有志のみなさんは準備とても大変だと思います。また、昼休みは公園でカレーをいただくのですが、地元婦人部の方々が数百食分(子ども会の分も要ります)準備してくださっていました。最高においしかったです。

昔の人が「駕籠に乗る人、かつぐ人、そのまた草鞋(わらじ)を作る人」と言ったそうですが、神輿をかついで楽しませていただきましたが、多くの人のご苦労に心からありがたく感謝する一日でもありました。

へろへろで帰宅。

院長 阪中 明人

リンク:なないろ通信

  • リンク:ホーム
  • リンク:はじめての方へ
  • リンク:ごあいさつ
  • リンク:診療案内
  • リンク:院内の様子
  • リンク:よくあるご質問
  • リンク:医師/スタッフ紹介

PAGE TOP

copyright©nanairo mental health clinic all rights reserved.