なないろ通信

「お客様のために」はうそ、「お客様の立場で」が正しい

新年度です。新社会人のみなさん、1年生のみなさん、おめでとうございます。

さて、本日のタイトルは「売る力」鈴木敏文著(文春新書)から引用させてもらいました。この方は、最近うちのクリニックのそばにも大手町店が開店した売上日本一のコンビニチェーンのカリスマ経営者です。

それによると、『「お客様のために」考えるのと、「お客様の立場で」考えるのでは、一見同じように見えて、まったく違った答えが出てくることがある』そうです。その例として鈴木氏の経験例と奇跡の変革を実現した旭山動物園の前園長、小菅正夫さんの話を書いています。

詳細は同書に譲るとして、私自身も「患者さんのために」と言って、「患者さんの立場」に立ってないことがあると思います。深く考えなければならない大切なことだと思いました。私には上司はいませんから、新年度はこの本を上司として、今一度自分のことを振り返ってみたいと思いました。

院長 阪中明人

リンク:なないろ通信

  • リンク:ホーム
  • リンク:はじめての方へ
  • リンク:ごあいさつ
  • リンク:診療案内
  • リンク:院内の様子
  • リンク:よくあるご質問
  • リンク:医師/スタッフ紹介

PAGE TOP

copyright©nanairo mental health clinic all rights reserved.