なないろ通信

ある病者の祈りの詩

この詩はニューヨーク大学のリハビリセンターの壁にある患者さんが書き残したと言われています。ご存知の方も多いかもしれませんが、ご紹介します。

大きなことを成し遂げるために
力をあたえてほしいと求めたのに
謙虚さを学ぶようにと弱さを授かった

偉大なことができるようにと
健康を求めたのに
思いやりを持てるようにと病弱さを与えられた

幸せになろうとして富を求めたのに
賢明であるようにと貧困を授かった

称賛を得ようとして
成功を求めたのに
得意にならないようにと
失敗を授かった

人生を楽しもうと
たくさんのものを求めたのに
人生をよく味わうようにと
平凡な人生を与えられた

求めたものはひとつとして与えられなかったが
願いはすべて聞き届けられた

私はあらゆる人の中で
最も豊かに祝福されていたのだ

「祈りの言葉」山川紘矢・山川亜希子著
ダイヤモンド社

すべては自分にとっていいことが起きているのだと理解するのが必要なのでしょうか。味わいのある詩です。

院長:阪中明人

リンク:なないろ通信

  • リンク:ホーム
  • リンク:はじめての方へ
  • リンク:ごあいさつ
  • リンク:診療案内
  • リンク:院内の様子
  • リンク:よくあるご質問
  • リンク:医師/スタッフ紹介

PAGE TOP

copyright©nanairo mental health clinic all rights reserved.