なないろ通信

漫画「うつヌケ」(KADOKAWA)お勧めです

私がたまたま見た範囲でもテレビで2回、朝日新聞の書評欄では精神科医の香山リカさんが紹介していました。現在18万部、この手の本としては異例の売れ行きだとか。著者は田中圭一さんという漫画家でご本人もうつ病の当事者です。

田中さんご本人の話に加えて、ミュージシャンや学者など18人の体験談をわかりやすく漫画にしています。うつ病の症状が重い時期を「うつトンネル」として、取り上げた人はみんなそこを抜けた人たちです。多くの人を取材した中からうつになる人に共通の面を紹介し、そこから「うつトンネル」に入るトリガー(引き金)の話、そして「自分が必要とされている」「自分を好きになる」などのきっかけでトンネルを抜ける話などとても分かり易く、何より漫画というのがいいですね。難解なうつ病の本を何冊か読むより私には勉強になりました。(もちろんこの漫画だけでの自己判断はお勧めしませんが)

院長:阪中明人

リンク:なないろ通信

  • リンク:ホーム
  • リンク:はじめての方へ
  • リンク:ごあいさつ
  • リンク:診療案内
  • リンク:院内の様子
  • リンク:よくあるご質問
  • リンク:医師/スタッフ紹介

PAGE TOP

copyright©nanairo mental health clinic all rights reserved.