なないろ通信

足の指を動かすことの大切さ

以前一回紹介したことがあると思うのですが、「きくち体操」という健康体操があります。菊池和子さんという今年で84歳になられる先生が創始者で、今もお元気です。写真で拝見する限り信じられないくらい若々しい方です。

その方の本が最近たくさん書店で紹介されていて一冊また購入しました。その中に、足の指を動かすことの大切さを書いていました。足の指はほっておくとまるで隣の指とくっついてしまったかのように固まってしまいます。しかしそれでは大地にしっかりとたつことができません。足の指一本一本がしっかりと独立して動いて関節も曲がるように足指を手で動かすことや足指に意識をおいて動かしたりすることが大事です。足指でグーチョキパーを作ることも勧められています。健康の為にとても良さそうです。(食後1時間ぐらいは避けましょう)

これを先日から意識して始めました。私は両足の第4趾、第5趾の関節が固まっています。これではいけないと時間をかけて少しずつ触っています。皆さんもご自分の足の指まずはお風呂で触ってみてはいかがでしょうか。

院長:阪中明人

リンク:なないろ通信

  • リンク:ホーム
  • リンク:はじめての方へ
  • リンク:ごあいさつ
  • リンク:診療案内
  • リンク:院内の様子
  • リンク:よくあるご質問
  • リンク:医師/スタッフ紹介

PAGE TOP

copyright©nanairo mental health clinic all rights reserved.